Top > マクロを使ってみよう > 初心者向けの使い方

初心者向けの使い方

エクセルのマクロは、VBを覚え始めの人にとっては、色々な問題に行き当たってしまいがちなもの。

例えばこんな作業をするとしよう。

あるセルの内容が「A」なら「マクロA」を実行。「B」なら「マクロB」を実行する。

これはセルの内容によって実行させるマクロを選択する「条件分岐」を付けるという場合だけど、こういうのを初心者がやろうとすると結構大変な作業だと感じるのじゃないかと思う。

セルの「内容」を条件にして別々のマクロを実行させる、というのは結構難しい。

なので、セルの「値」を条件にして処理を分けるというマクロを記述してみよう。

具体的にマクロを記述してみると

Sub test()
 If Range("A1").Value=A Then
  ☆セルA1の値が「A」の時の処理☆
 Else
  If Range("A1").Value=B Then
   ☆セルA1の値がBの時の処理☆
  Else
   ☆上記のどちらでもない時の処理?☆
  End If
 End If
End Sub

というようになる。

「A」の場合の処理と、「B」の場合の処理をそれぞれ記述し、最後に「A」「B」以外の文字が入ってきたときの場合の処理も記述する。

この方が色々なパターンに対応できるだろう。

ここまでやる前に、とりあえずはメッセージを表示させてみる、など簡単な処理からはじめてみるのもいいだろう。

エクセルマクロを使いこなして、色々な処理が出来るようになるように頑張ろう。