Top > マクロを使ってみよう > 何するもの?

何するもの?

マクロって言葉はよく聞くけど、何?って人も多いだろう。

エクセルのマクロとは、プログラム。エクセルで使われる「マクロ」というプログラムの事だ。

これが結構、色々なことができる。でもエクセルに限らず、パソコンにあまり馴染みがない人にとっては「プログラム」というと難しく感じられるかも。

まずはちょっと触ることからはじめてみてはどうだろう。

まずはエクセルのファイルを開いて、上の方にある「ツール」→「マクロ」→「新しいマクロの記録」を選択しよう。

そこにある「記録開始(●)」を押下。まずはどこでもいいからセルに「あいうえお」と文字を入力してみよう。

それが済んだら「終了(■)」を押下。これでマクロは完成だ。

入力した「あいうえお」の文字を削除した後に、「ツール」→「マクロ」→「マクロ」を選択してみよう。そして先ほど記録したときに指定をしたマクロ名を選択し、「実行」する。そうすると先ほど削除したセルにまた「あいうえお」と文字が自動的に入力される。

これだけ見るとなんのためにこんなことするの?って感じだけど、マクロは原理がわかれば簡単なもの。

もちろん、VBAなどを使ってプログラムを自分で組んでいく方法もあるけど、やりたい事を実行してそれをマクロに記録させていく方法がこれ。

例えばプログラムを使って、文字のフォントサイズを変えたり色を変えたりしたいとする。

この作業をプログラムを組んでやろうとすると、設定が多くそれだけでも大変な作業になってしまう。

自動記録機能を使って作業をコンピューターに記憶させ、マクロ名を付けておく。そうして実行させるというのが、マクロを覚えるときには一番とっつきやすいやり方ではないだろうか。