Top > マクロを使ってみよう > Trim

Trim

エクセルでデータをソートして使おうとしたら、文字列の先頭などいたるところに空白が入っていて、正しくソートできない。

正しくソートするためにTrimを使おうとしたが、使い方がよく分からない。どうしたらいいだろう。

と、いうことが初心者の頃あった。

ここでエクセルのマクロを使い、空白セルを削除するプログラムを作ればいいのだ。

使う命令は「Trim」。Trimは文字列中にある空白を取り除いた文字列を返してくれる関数だ。

ここでちょっとしたエクセルの豆知識。

エクセル上に文字列がたくさん記入されているとして、セルを選択したいときに使うキー操作だが、「Ctrlキー」+マウスでセルを飛び飛びに選択することができる。

また「Shiftキー」+「Ctrlキー」+矢印キーで、連続するエリアを選択することができる。用途に合わせて使用してみよう。

では、話を戻して文字列中の空白除去のマクロプログラムを組んでみよう。

Sub 空白除去プログラム()
  Dim abc As Range 'セルを定義

  For Each abc In Selection
   abc = Trim(abc) '左右の空白を削除して、「abc」を置き換える
  Next

End Sub

こんなに簡単にTrimのプログラムができてしまう。これを使って空白を除去してみよう。

また、Trim関数には以下の種類がある。用途に応じて使用しよう。
・Trim(abc) → 文字列の左右にある空白を削除する
・RTrim(abc) → 文字列の右側にある空白を削除する
・LTrim(abc) → 文字列の左側にある空白を削除する
・Application.Trim(abc)→文字列の左右、または途中にある空白を削除する

以上、Trimに関して。色々試してみよう。