Top > マクロを使いこなすには > コマンドボタンを扱う その2

コマンドボタンを扱う その2

「コマンドボタン」に登録されているマクロなどを確認できるようになれば、修正や応用などが利くようになる。色々幅が広がると思うので勉強してみよう。

「コマンドボタン」に登録されているエクセルのマクロは、通常では確認できないようになっている。

それではどうやって確認するのだろうか。

1.エクセルを「デザインモード」に切り替える。

 ・「表示」メニュー→「ツールバー」→「コントロールツールボックス」で、ツールバーを表示。
 ・ツールバーにある「デザインモード」ボタンをクリックしてデザインモードに切り替える。

2.マクロが登録されている「コマンドボタン」をクリック。

3.「コントロールツールボックス」ツールバーの「コードの表示」をクリックし、VBE(Visual Basic Editor)を起動させる。

  ※この時点で「コマンドボタン」に関するコードが表示されるようになる。

コードそのものは「Private Sub」~「End Sub」までの間で記述されている。

マクロの名前は、「コマンドボタン」につけられている名前(例えばbutton1なら)+「_(アンダーバー)」+「Click」という命名になっている。これは「コマンドボタンがクリックされた時」の処理であることを示しているわけだ。

例えば、この間に記述されている命令を修正すると、コマンドボタンがクリックされた時の処理が変わってしまう。

また、マクロの名前を別の処理に当てられているマクロ名に変えると、全然違う処理が実行されてしまう。

実行する時にはVBEを終了させて「デザインモードの終了」を。エクセルを通常のモードに切り替えてからコマンドボタンを押下し、実行しよう。