Top > マクロを使いこなすには > コマンドボタンを扱う

コマンドボタンを扱う

エクセルのマクロをボタンに登録するのなら、「コマンドボタン」ではなくフォームツールバーから作成するタイプの「ボタン」を利用する方がいいだろう。

しかし、人によってマクロを登録しているところは違ったりもするもの。そこであるファイル上に既にコマンドボタンが作成されている場合、どこにマクロが登録してあるかを見て扱うのがいいだろう。

シート状にあるボタンが「コマンドボタン」かフォーム上のツールバーから作成された「ボタン」なのかを判断する必要はない。ただし、それぞれのボタンに登録されているマクロの内容を確認したり、別のマクロをボタンに登録したりするときには、操作方法が少し違うので、その違いを覚えておいた方がいい。

それでいくとボタンの種類を確認する必要がある。なので確認しよう。

簡単に確認する方法としてはマウスポインタをボタンの上に移動させてみる。そのときマウスポインタが手の形になったら、そのボタンはフォームのツールバーから作成された「ボタン」ということだ。

ボタンの上にマウスポインタを移動させて矢印のままだとしたら、それは「コマンドボタン」ということになる。

上記のような判断方法で、ボタンの種類が分かるので、その種類によってマクロを登録する場所を決めていくといいだろう。