Top > マクロの操作 > 必要か不必要かの判断を

必要か不必要かの判断を

エクセルで使うマクロは便利なものだ。複雑な処理が一瞬で終わったりするのだから。例えば、ファイルの1シートにデータを作成しておき、ボタンを押すだけで何件分もの請求書作成ができたりするのだ。

しかし、単純にデータを計算してそのデータを元に印刷するだけなのであれば、マクロではなくシート間の参照式で済むかもしれない。

複数回使う資料なのならマクロを組むのもアリだが、1回だけ使うというのなら、マクロを組む労力の方が大変だったりする。

できているマクロを実行するだけなら難しいことはないし大変速いが、作成する労力となると簡単とはいい難い。

このようにマクロを使用することが必ずしも作業を効率化することになるとは限らない。

また、エクセルのマクロはVBAとは違い、エクセル独自の特殊性もある。そのためトラブルがあった時、修正に時間を要すことが多い。動作環境によっても違う。正直、色々弊害もあるものだ。

まずは、簡単なところからマクロを使ってみて、慣れてきたら大掛かりなものを作成して使ってみのがいいだろう。

様々な質問サイトやコミュニティでも、質問や答えを見ることができる。そういったところを読んでみるのも、勉強になる。