Top > マクロの操作 > エクセルでマクロを作る

エクセルでマクロを作る

エクセルをあまり使った事がない人にとっては、「マクロ」なんて名前を聞いただけで「なにやら難しそうだ」と敬遠するかもしれない。

でも大丈夫。誰にでもマクロは使えるようになる。

まず手始めに簡単なマクロを紹介しよう。作ってみると、簡単だということが分かると思う。

【例題】
ワークシート上にあるコマンドボタンを押し、「マクロ完成!!」というメッセージを出力しよう。

上記の例題はメッセージを出すだけという非常に簡単なマクロ。しかし基本でもあり、もっとも役に立つマクロだ。このメッセージ部分を変えるだけで、いろいろな応用が利く。

【作成方法】
1.ワークシート上にコマンドボタンを作成する

 ・コマンドボタンを置きたいエクセルファイルを開く。

 ・メニュー→「表示」→「ツールバー」→「コントロールツールボックス」→「コマンドボタン」を選択。

 ・コマンドボタンを配置したい場所に配置。(このときコマンドボタン上には「CommandButton1」と表示されているはず)

2.コマンドボタンのプロパティの変更

 ・コマンドボタンの表示名を「実行」に変えてみよう。

  「プロパティ」→「Caption」の所を「実行」に変更。(これでボタンの見た目は「実行」に変わる。)

 ・実行するマクロを指定する

  「プロパティ」→「オブジェクト名」のところを「cmd実行」に変更。

3.プログラム(マクロ)を記入

 ・ワークシート上の「実行」ボタンをダブルクリックすると、Visual Basic Editor(VBE)が開く。
  このときEditor上にはSheet1(Sheet1)に「cmd実行_Click」という名前で空のプロシージャが作成されている。

 ・Option Explicit
Private Sub cmd実行_Click()
msgbox  "マクロ完成!!"
End Sub

 ・ツールボックス→「デザインモードの終了」でプログラム作成終了。

4.マクロの実行

 ・「ファイル」→「終了してマイクロソフトエクセルに戻る」でワークシートの画面に戻る。

 ・画面上の「実行」ボタンをクリックしてみよう。ここで「マクロ完成!!」というメッセージボックスが出たら成功だ。