Top > マクロの操作 > 開き方は二通り。その違いの意味は?

開き方は二通り。その違いの意味は?

エクセルのファイルに登録されているマクロを表示させるには、大きく分けて二つの開き方がある。

一つ目はシートモジュールから開かれる方法。

ファイルの各シート名のところで右クリック→「コードの表示」を選択。ここで開かれた中で選択したワークシートのイベント、またはシートに貼り付けたコントロールのイベントプロシージャが表記される。

例えばシートをアクティブにしたり、セルを変更したりというイベント時のプロシージャの時だ。

この方法の利点は、既にワークシートが特定されているので、マクロを表記する時にどこのワークシートかと指定をしなくても認識されているという点だろう。

二つ目は標準モジュールから開かれる方法。

マクロの作成時に「挿入」→「標準モジュール」で開く画面でマクロを表記したものだ。

この標準モジュールは使う側が意図的にコード内容を記述す。つまりプログラムを組むべく、マクロのダイアログボックスから記述する方法だ。

例としては起動プログラム、本体プログラム、色々なところで使う共用モジュール、関数などを使っているモジュールを使うことができる。

簡単な違いではあるが、表面的な分類でしか捉えてないので、もう少し深い意味で捉えようとすると「クラス」や「VBA」の知識が必要になるだろう。

でも少し勉強すると理解できるもの。

エクセルというのは意外と奥が深いなと感じることができるよ。